fc2ブログ

『精神医学史研究』 Vol.24 no.1 (2020) 

2020年6月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.24 no.1 (2020) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言   
精神医学と歴史─歴史家の立場から 高林陽展 3   

第23回日本精神医学史学会

会長講演 癲癇(てんかん)の歴史集成 ─現代に及ぶ二重のスティグマ─
 細川清 7

特別講演 モダンの裂け目から見る精神医学史 ─ポリフォニーとしてのモダンをどう生きるか
 鈴木國文 12   

会長指定講演 大学病院精神科の歴史 … 岡山大学 寺田整司 17

<シンポジウム1 疾患単位論崩壊の歴史>
 疾患単位論に託したKraepelinの夢 松下正明 22
 疾患単位は理念かそれとも経験的現実か ─JaspersとSchneiderの違い 大前晋 27
 セレンディピティとしての抗精神病薬,その疾患適合性 武田俊彦 34
 セントルイス学派の思想とDSM分類 古茶大樹 39
 生物学的精神医学が挑む新しい分類体系Research Domain Criteria 宮本聖也 46

<シンポジウム2 意識障害から考える意識>
 意識障害概念の確立と崩壊 ─マイヤー・グロス的表象形成障害論を1つの頂点と考える
  兼本浩祐 52
 解離症において意識が障害されるのは何故か? 深尾憲二郎 60
 近年の意識研究について 酒井正樹 66
 fMRIと脳波の同時計測による睡眠と意識の研究 宮内哲 72

第23回日本精神医学史学会印象記 森口眞衣 78

総説
狂気内包性思想の系譜と狂気内包性精神病理学 加藤敏 79

書評
『香川修庵『一本堂行余医言』巻五─癇とその周辺』を読んで 中村治 97

学会ニュース
第23回日本精神医学史学会総会報告 100

日本精神医学史学会第24回大会(2020年10月開催予定)の延期について 

会員の皆さまへ

 新型コロナウィルス感染拡大のため,今秋札幌で予定しておりました第24回大会の開催を1年延期することにいたしました.理事,次期会長, 次々期会長とも協議のうえ,第24回大会は2021年10月に森口眞衣会長のもと札幌で開催いたします.会期,会場,プログラムなどの詳細は改めてお知らせいたします.これにともない来年以降の学会は1年ずつ順次先送りになります.異例の変更ではありますが,ご理解いただきますようお願い申し上げます.

 今年の総会も通常の形で開催することができません.理事会・評議員会の決定事項を今秋刊行の「精神医学史研究」に掲載し,会員皆さまのご承認をいただく予定にしております.どうぞよろしくお願いいたします.

 会員の皆さまにおかれましては,このたびの危機をともに乗り越え, どうぞお健やかにお過ごしください.来秋に札幌でお目にかかれますことを,心より願っております.

2020年6月1日
日本精神医学史学会理事長
濱田 秀伯