fc2ブログ

『精神医学史研究』 Vol.23 no.2 (2019)  

2019年11月に発行された、『精神医学史研究』 Vol.23 no.2 (2019) の目次をお知らせします。 

タイトル 執筆者 頁

巻頭言

 精神医学と歴史:精神科医の立場から考えていること 村井俊哉 47

原著論文

 ウィーン初の公認私立精神病者施設の研究
 ―施設の歴史と創設者ブルーノ・ゲルゲンに関する一考察― グローマー小百合 50

シリーズ 20世紀の精神医学

 フランクルの人間学―シェーラーからの継承と発展― 濱田秀伯 58

連載 Focus on

 Georges Canguilhem ジョルジュ・カンギレム
  「正常」と「異常」の概念化の試み (1) 高橋 豊 67

連載 コラム「史料探訪」

 小峰研究所―資料の来歴とエピソード 清水ふさ子 74

連載

 老読随感 岡田靖雄 78

書評

 ポール・セリュー、ジョゼフ・カプグラ著
 『理性狂:解釈妄想狂と復権妄想病』 江口重幸 83